耳の話

2017年10月13日 |看護師より|
最近、
お友だちの耳元で、
●大声を出す。
●キックやパンチが耳にあたる

園バスの中で大騒ぎ

といったことが、チラホラと・・・・。

という事で、先日、耳の話をしました。

「耳にはどんな働きがあるでしょう?」
と聞いたら、
『音を聞く~』
『虫の声がする~』
『耳かきするため』
と答えてくれたお友だちがいましたよ。

そこで、耳の奥(中)はどうなっているのか、模型を使って(自作)、鼓膜がふるえる様子や、耳の中の様、音が伝わる様子などをお話しました。

耳は音だけでなく、体の平衡感覚も司っている器官です。まっすぐ歩けるのも、まっすぐ座れるのも、耳の奥の働きがある為です。

大きな声を出すとすっきりする事もありますが、声の大きさは、TPOによってかえなければいけません。
どんな声の大きさが良いのか、保育士さんたちは日々、お子さまたちに語りかけてくれています。
ご家庭でも、お話してみて下さい。